設計・調査(造園)

グリーン産業の造園調査・設計

事業紹介
綿密な「調査」と「設計」で、最良の緑化手法を見極める

業務は「設計」と「調査」に分けられます。設計部門は、ランドスケープデザイン、建物の外構植栽、屋内装飾などの設計を通して、人と緑のより良い環境づくりを提案。多くの人が集う公園や公共施設、店舗、個人庭と、手がけるものは多岐に渡ります。

調査部門は、土壌改良や植栽基盤の整備を行い、健全な緑を育む第一歩を担います。継続的な試験植栽や森づくりなど、長いスパンの調査に取り組む環境が整っているのは大きなメリット。また飛砂対策として海辺を緑化する新工法「はまみどり」を開発するなど、常に新しい緑化の形を研究しています。

造園調査・設計の技術紹介

設計

●建物外構植栽プランニング

建物を引き立てる緑、遮蔽を目的とした機能的な緑、癒しをもたらす鑑賞価値の高い緑など、お客様のニーズを最良の形で実現します。

●屋内装飾

エクステリアにとどまらず、エントランスやイベントスペースなど、花や緑を飾った室内装飾のプランニングも行います。

●ランドスケープデザイン

公園や緑地の設計には、空間をデザインする創造力や感性、時代のニーズをつかむ力も必要です。また植栽目的や環境条件などを踏まえた上で、地域の風土に根ざした空間設計を行うのが当社の信条。スケッチやコンピュータでの画像処理により、景観のイメージを具体化した分かりやすい提案を心がけています。

調査

●土壌調査

健全な緑を実現するために、まず植栽環境を診断。その数値的データを基に、立地や風土などを加味して最適な方策を見極めます。必要ならば土壌改良や植栽基盤整備を行い、豊かな緑を育む土台を作ります。

●各種調査

公園長寿命化調査、公園や街路樹の樹木生育調査、里山の植生調査、ビオトープモニタリング調査などを行っています。

●試験植栽

より実践的な提案を可能とするのが試験施工。さまざまな条件下で行うことにより、それぞれに適した植物や資材、施工方法を確実に選定できます。

開発

●砂浜に広がる緑のじゅうたん
 飛砂防止緑化工法「はまみどり」

登録情報/・特許第4010800号 ・特許第5542232号
 当社が独自に開発したはまみどり工法(特許第4010800号)は、地域性の在来植物を主体とした緑を育み、慢性的な飛砂被害に悩まされている海岸地域や、海岸植生を復元したい砂浜などに有効な緑化法です。
 2014年には、短期施工と早期緑化を実現した「はまみどりマット」が発売されました。全国の海岸でご利用いただけます。
 
「はまみどり」の詳しい内容は、こちらよりご覧ください。

造園調査・設計 主な施工実績一覧

施工年月 内容 場所
契約期間
2013年4月1日~6月30日
花装飾設置管理事業委託(室内花装飾)
新潟駅、新潟空港
2012年10月~2012年12月 【修景設計】
瀬波温泉組合外構修景計画
村上市
2011年2月~2011年12月 【公園設計】
恵ため池公園整備
妙高市
2011年11月~2011年12月 【工場緑化設計】
タンレイ工業工場新築外構植栽計画
新発田市
2010年9月~2012年3月 【屋上緑化設計】
新潟日報新社屋建築工事(4Fテラス)
新潟市
2010年9月~2011年5月 【総合運動公園設計】
中津川運動公園施設復旧工事
妙高市
2010年3月 第64回国民体育大会卸製碑等設計施工業務
設計コンペ
 
2009年7月~2009年11月 【公園設計】
新赤倉観光施設整備実施設計委託
妙高市
2009年7月~2010年3月 【公園設計】
小出公園さくら広場実施設計
魚沼市
2009年10月~2009年12月 【工場緑化設計】
直江津LNG受入基地緑地整備
上越市
2009年11月~2009年12月 【工場緑化設計】
日本海水加工敷地整備緑化計画
上越市