緑化マイスター
  • も〜いくつねると、お正月〜♪

    もうすぐ2016年が終わります。

    私渡部、昨日までお正月を迎える準備に追われておりました。

    新潟日報メディアシップ様エントランスに6尺の門松、1F(大階段脇)にはお正月の花装飾をさせていただきました。

    門松は制作から携わり、日本人のお正月への想いや伝統美など、その素晴らしさを改めて知りました。

    縁起の良いとされている松、竹、梅、ユズリハ、紅白の南天、そして豆技を飾ります。

    ユズリハは植物の性質上、新しい葉がぐんぐん伸びると古い葉から落ちていきます。新しい世代へ順調に家を継承されていくことを願って飾るそうです。

    南天は「難を転じて福となす」という想いが込められています。玄関脇などに植えると良いとされています。

    そして豆技。マメに健康で一年過ごせますようにとの願いが込められているそうです。豆の枯れ枝を飾る習慣は、地域独特のものなのでしょうか?

    私は糸魚川市出身ですが、新潟市に住むまでは見たことがありませんでした。。

    こちらのお正月の花装飾は1月9日まで展示しています。お近くにお越しの際には、

    ご覧になってくださいね。

     

    それでは皆様、よいお年をお迎えくださいm(_ _)m

     

    渡部 陽子

    緑花マイスター | 2016.12.29 23:21
  • 今年1年、ありがとうございました。

    2016年も残すところあと4日。

    早いものですね。

    先日、今年最後のにいがた緑花マイスター養成講座を行いました。

    今回は新潟ではおなじみのチューリップや百合などの球根類の植え方や分球、保管の方法などをしっかりと学びました。

    矢澤先生の講座は、分かりやすいだけでなく楽しく学ぶことができると定評です!

    講座の後は・・楽しい忘年会。

    新潟日報メディアシップ2F 「鮨ことぶき」にて美味しいお料理をいただきながら、賑やかに過ごさせていただきました。

    皆さんとたくさんお喋りをしてたくさん笑って楽しくって、あっという間に時間が過ぎました。

     

    今年は大変ありがとうございました。

    来年も花を通して、たくさん楽しい時間を過ごしましょう!

    来年もよろしく御願いします

    緑花マイスター | 2016.12.27 22:54
  • 植物を使ってモノづくり

    ホウキギ(コキア)を皆さんご存知ですか?

    こんもりとした樹形が可愛らしく、紅葉時期になると真っ赤となりその美しさは人々の目を引きます。

    こちらは夏の新潟ふるさと村花畑の様子。明るい緑色を呈した丸いフォルムが可愛いでしょう。

    そして晩秋のホウキギ(コキア)。真っ赤に紅葉してガーデンで

    夏から晩秋までいろんな姿を見せてくれるホウキギ(コキア)ステキでしょう。

    そしてもう一つ・・姿を変えて身近な存在に。

    にいがた緑花マイスター倶楽部の会員さまから届いた一枚の写真。

    ホウキギの名前の通り、「箒」に変身。とても上手に作られていますね。

    とてもお洒落です!来年は私も作ろうっと(^ ^)

     

    そして手作りすると愛着が湧きますよね。モノを大切にするきっかけにもなると思います。

    植物を通していろんなメッセージを伝えていけると良いですね。

    (渡部陽子)

    花の見頃 | 2016.12.13 19:54
TOP